700系レールスターは500系より先に引退するかもしれん

JR西日本

先日、鉄道ブログサイト鉄道プレス.にてこのような記事を見かけました。

【JR西日本】「ひかりレールスター」は500系より先に引退?という記事です。

これについて私は500系より先に引退というのは可能性は高いと思っています。

まず、JR西日本が発表したニュースリリース「N700Sの投入」を見てみましょう。

これは、N700Sを2本追加するよという内容ですが、これを見るに、「JR西日本はJR東海ほどではないが、新型車の投入を進めている。」という風に受け取れます。

そこから考えた今後の方針は

といった感じになると予想しました。

では、なぜこの方針が700系の早期引退を考えられるかというと、

500系は時速300km/hの走行が可能ですが、700系は285km/hが限界ということ。

山陽新幹線は、お隣の大動脈東海道新幹線ほど本数も両数も少ないです。

その理由は航空機に負けているということです。

ただし、現在285km/hしか対応していない「こだま」のせいでのぞみやみずほまで少し遅くして運行せざるを得ません。

しかし「こだま」を300km/hまで速度があげれたら、「のぞみ」や「みずほ」の所要時間が短縮されると思います。

そのため邪魔な700系を先に廃車してしまおうということになりえます。

↑時速300km/hが出せる500系新幹線

書いてきましたが、どちらにせよ500系も700系も先は長くないでしょう。

置き換え発表された後の葬式鉄に巻き込まれたくない方は今のうちに記録しておきましょう。

記録については、関西圏で撮影に適した時間の列車を書こうと思っているのでそれも参考にしてみてください。

JR西日本:東海道、山陽新幹線車両N700Sの投入および、N700Aタイプの機能向上について

コメント

タイトルとURLをコピーしました